【2018白浜花火大会は予定通り開催!】空港臨時駐車場は今年はあるの?? 渋滞回避のおすすめテクニック

白浜花火渋滞回避

【2018/8/10更新】
本日の花火大会は予定通り20時より開催されます!


毎年開催されている白浜の2大花火大会!
水上花火・水中花火・巨大ナイアガラなど大人気です。

今年も下記のスケージュールで開催されます!

  1. 白浜花火フェスティバル : 2018年7月30日(月) 20:00~20:40
  2. 白浜花火大会 : 2018年8月10日(金) 20:00~21:00

2018白浜花火大会 駐車場・交通規制マップ

そして同じく話題になるのが大渋滞!
近くに止めたのはいいけど白浜を出るのに2時間以上かかった。。。というような地獄の大渋滞。

そんな白浜花火大会ですが、うまく渋滞を回避する方法もあるんです!

この記事ではわかること

・空港跡地臨時駐車場は今年はあるの?
・安い駐車場はないの?
・渋滞しないルートを教えて!

 

【大前提】白良浜の近くに車は止めるな!

白良浜の目の前にある「しららはまゆう公園駐車場」や「白良浜駐車場」。

うまくタイミングを合わせれば、これらの駐車場に止めることも可能なのですが。。。

間違いなく帰りに大変な目にあいます。

ままパン
前に白良浜に車を停めて地獄を見たわよ

白浜へのルートはわずか3箇所

白浜花火大会の渋滞がひどいのは白浜へのアクセスルートにあります。

15万人もの人出になるにもかかわらず、花火を見た後は電車の終電に間に合わないため宿泊or自動車しかありません。

日帰り組は車になるのですが、白浜は半島になっているためアクセスルートが3つしかありません。
白浜花火渋滞ポイント

このため白良浜近辺への駐車+ルート選択の誤りで「白浜を出るころには日付が変わっていいた」なんてことにも。

カーナビは推奨する北側ルートは避ける

白良浜周辺でカーナビを設定すると最短の国道42号線ルートor郵便橋ルートが設定されます。

この2ルートに車が集中するため北側ルートが大渋滞します。

またこの2ルートは途中まで同じ道路を通るため、白良浜周辺は全く車が動かないほどの大渋滞となります。

特にひどい渋滞エリア

早朝から白良浜入りすれば、すぐ近くに車は止められるのですが。。。

ぱぱパン
帰れなくなるぞ

2018年もあります!空港の無料駐車場

白浜の旧空港を利用した無料駐車場が開放されます!

【2018最新 白浜花火 交通規制マップ】
2018白浜花火大会 駐車場・交通規制マップ
pdf_hanabit2018_map

【おすすめ駐車場】白浜 旧空港跡地臨時駐車場

白浜花火大会のおすすめ駐車場は旧空港跡地臨時駐車場で決まりです!

おすすめポイント3つ

おすすめポイント① 無料
白良浜周辺の駐車場はプレミア料金が設定されます。通常3,000円以上!!しかも海水浴タイムと花火タイムは別料金で合計で最高8,000円!!
 

それなのに旧空港跡地臨時駐車場は無料で利用できます。

おすすめポイント② 南側ルート
白浜中心部の最大渋滞ポイントより南側に位置する旧空港跡地臨時駐車場。
 

この駐車所にとめれば帰りのルートは渋滞の少ない白浜ICルートとなります。


おすすめポイント③ 路線バスあり
白浜空港からの路線バスが利用できます。
 

駐車場最寄りのバス停は「白浜警察前」。駐車する場所によるけど500mぐらい。

 

「白浜駅行き」「白浜温泉方面」のどちらも循環バスなので白良浜に到着します。

 

デメリットは「帰り」

たくさんのメリットが有る旧空港跡地臨時駐車場ですが最大のデメリットは「帰りは徒歩」になることです。

駐車場へのシャトルバスは無く、白良浜周辺は交通規制が入りバスも通れません。
もしあっても大渋滞で動かないですけどね。

ということで、帰りは歩きになります。

白良浜までは約1.8km 徒歩30分弱の道のりです。

夜9時ぐらいなので暑さはマシですが空港までは上り道ですので小さなお子様連れなら要注意です。

それでも白良浜周辺で渋滞にハマって動けないよりマシですし、駐車場に着いちゃえば渋滞の少ない南側ルートでスイスイ帰れます。

まとめ

白浜花火大会の渋滞攻略法ですがいかがだったでしょうか?

うまく旧空港駐車場を使って快適に観覧してくださいね!